クチコミ情報|当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。

【無料の企業PR広告】

イメージ

クチコミ情報

いまの子どもたちが社会に出る頃には、職種を問わず、英会話はできて当たり前の時代になっているかもしれません。そのため、これからの英語教育は、「英語がしゃべれたらいいな」という願望が入り混じったような目的のあやふやなものではなく、焦点を「ビジネス」にあわせ、将来生きていくために必要なのだという、強い必要性を生徒に植え付ける教育でなければならないでしょう。

ビジネス

そのためには当然、現場にも本気の改革が求められます。たとえば、これからはすべての現場にネイティブ講師の存在が必要になるでしょう。日本にいながらにして英語を学ぶのであれば当然のことですが、何よりも、正しい発音を身につけさせるためにとても大切なことです。
従来の英語教育では、どちらかというと「発音」は軽視されている傾向も見受けられました。「英語は発音ではなく中身が大事」という声も確かに正しいでしょう。ただし、生徒がこれから学んでいくのは、友人とおしゃべりするための英会話力ではありません。
あくまで、ビジネスでやり合える、生きていくための英会話です。そのような場合、発音が悪ければ相手に理解されないだけでなく、相当の負担やストレスを与えてしまい、それは信頼関係にまで影響が及びかねないのです。